当社で行っているめっきの種類


 ニッケル-クロムめっき

 亜鉛めっき(三価クロメート、ユニクロ、三価黒色クロメート処理)

 亜鉛-ニッケル合金めっき

 黒クロムめっき

  無電解ニッケルめっき(鉛フリー)

  ニッケル回転めっき

  スズ-コバルト回転めっき

  亜鉛回転めっき(ユニクロ。クロメート、三価クロメート、三価黒色クロメート)

  コスマ塗装

 ニッケル-クロムめっき

   ニッケルは鉄に近い金属であるが空気や湿気に対して鉄よりはるかに安定であることから、めっきでは装飾、防
食の両面に利用されている。 ただしニッケルめっきの表面は、空気中でわずかに変色する為、美観の付与と保持に
役立つクロムめっきをして仕上げる場合がほとんどです。
   
   クロムめっきはニッケル上に施された装飾用として広く用いられている。またクロムめっきは装飾用クロムめっき
と工業用クロムめっき(硬質クロム)に大別されている。
   一般装飾用めっきの最上層に施される薄いクロムめっきは光沢めっきであり、通常の大気中では光沢の劣化が
ないため、ニッケルめっきの保護膜として、又特有の深みのある金属光沢を有する色調はあらゆる部品の最終仕上げ
として、装飾めっきに使用されている。


 亜鉛めっき(三価クロメート、ユニクロ、三価黒色クロメート)

   鉄素地の防錆を目的に使用するめっきです。亜鉛の表面は空気中で容易に酸化を受ける為に光沢のない灰色
を呈し腐食によって白色粉末を生じたりして、外観はあまり優れていません。
   しかしめっき後のクロメート処理によって亜鉛表面の耐食性が増すとともに美観も備わり、さらに防食性をも向
上させることができます。

   亜鉛めっきの被膜はめっきしただけでは使用されることはほとんどなくクロメート処理を施してはじめて完成品と
なります。
   クロメート処理液は通常クロム酸(又はその塩)と鉱酸とが基本な浴成分となっています。このような浴に亜鉛を
浸漬すると亜鉛の表面が酸によって一部溶解し、その為クロムが還元されると同時に表面ちかくのpHが上昇してクロ
ムを主とした塩や酸化物、水和物などの複雑な化合物が表面に沈着して皮膜を形成する。これがクロメート皮膜とい
われるものです。
   
   *六価クロムの環境問題の高まりから、当社としましてはこのような状況下にいち早く対処するためにも六価ク
ロムを含まない表面処理皮膜である三価クロメート処理を行っております。


 亜鉛−ニッケル合金めっき

   高耐食性を誇る防錆めっきで有色クロメートを施したものは亜鉛クロメートの数倍以上の耐食性を有します。
   水素脆性(注:1)がない耐熱性にも優れ加熱処理後及び二次加工後の耐食性も優れています。


 黒クロムめっき
   装飾用としてだけでなく、工業用としても多く使用されている。例えば太陽吸収板、光学器械、オートバイ部品な
どがある。黒色を有し、表面はごく薄い皮膜である。耐食性がよい。


 無電解ニッケルめっき(鉛フリー)(注:2)

   電気を使用しないめっきの方法で、溶液中での還元反応を利用して品物の表面にめっき金属を析出させる為、
複雑な形状に対しても膜厚のむらがなく均一にめっきできる。
   めっき皮膜はニッケルとリンの合金めっきです。アルミ、ステンレス、などにもめっきできます。
   硬度はめっきしたままの状態でビッカース硬度500ぐらいありますが、350-400℃で熱処理するとビッカース
900℃以上に達します。


 スズ−コバルト回転めっき

   クロムめっきの代替めっきとして広く使用されています。スズとコバルトの合金皮膜で、皮膜が白色光沢でわず
かに青みがかっておりコバルトが増加すると黒味を帯びる。
   クロムより柔らかく耐磨耗性では劣りますが耐変色性は良好でつき回り性能が良好で回転(バレル)めっきが容
易にできます。


 コスマ塗装(ノンクロム防錆処理)

   最近要望の多く出てきています三価クロメートのめっき処理に関して特に自動車業界、家電業界で要求が出て
きているノンクロム(六価クロムフリー)に対応するためにも、当社としましてもすでに行っております亜鉛合金めっき
(亜鉛-ニッケル)の三価クロメートに防錆処理としてコスマ塗装を施すことにより一層の防食性能を付加します。
   ◎特徴
     @ ノンクロム対応で有機成分を含有しない。
     A ポリオレフィン系樹脂を基盤とした無機系防錆塗量。
     B 亜鉛めっきに対する密着性が優れている。
     C 乳白色液体。
     D 乾燥温度は100℃以下。
ページトップへ
………………………………………………………………………………………………………………………………
注:1 水素脆性… めっきをする時、硫酸や塩酸などの酸に浸けると表面から水素が入り込みこの水素はそのまま
にしておくと体積がおおきくなり、鋼の破断、折れなどの原因となります。よって水素が入っためっき工程の途中で、
(クロメート処理前)鋼を加熱して水素を除去します。鋼に水素が入ってもろくなることを 水素脆性といいます。
(鋼を180℃〜280℃の炉の中で2〜6時間加熱処理して水素を除去。これをベーキング処理といいます。)

注:2 鉛フリー… 通常無電解ニッケルめっきには安定剤として鉛化合物が添加されています。当社では鉛を含まな
い無電解ニッケルめっきをおこなっております。






               戻る   ホーム   次へ


copyright(C)2003-2019Inc yokoyama plating all right reserved