電気めっきの記号による表示方法(JIS H8404)

@ めっきを
表す記号
-
A 素地の種類
を表す記号
/
B めっきの種類
を表す記号
C めっきの厚さ
を表す記号
 D めっきのタイプ
を表す記号
/
E 後処理
を表す記号
F  使用環境
を表す記号

@ 電気めっき(EP) 無電解めっき(ELP)

A 鉄、銅、及びその合金(Fe) 銅及びその合金(Cu) 亜鉛及びその合金(Zn) アルミニウム及びその合金(AL)
  マグネシウム及びその合金(Mg) プラスチック(Pl) セラミックス(CE)など。

B ニッケル(Ni) クロム(Cr) 銅(Cu) 亜鉛(Zn) 金(Au) 銀(Ag) スズ(Sn) 工業用クロム(ICr)

C (μm) 0、 1、 5、 10、 20、 40等

D 光沢b 半光沢s 二層ニッケルd  三層ニッケルt

E 光沢クロメートCH1 有色クロメートCM2等

F 腐食性の強い屋外A 通常の屋外B 湿度の高い屋内C 通常の屋内D

……………………………………………………………………………………………………………………


 表示例
1) Ep-Fe/Cu20、Ni25b、Cr0.1r/:A
 電気めっき、鉄鋼素地、銅めっき20μm以上、光沢ニッケルめっき、25μm以上普通クロムめっき0.1μm
  以上、腐食性の強い屋外での使用。

2) Ep-Fe/Zn15/CM2:B
 電気めっき、鉄鋼素地、亜鉛めっき、15μm以上、有色クロムめっき0.1μm以上、通常の屋外で使用。

3) Ep-Cu/Ni5b、Cr01/:D
 電気めっき、銅合金素地、光沢ニッケルめっき5μm以上、普通クロムめっき0.1μm以上、通常の屋外で使     
 用

4) Ep-Fe/ElP-Ni15,ICr20/
 最終めっきが電気めっき、鉄鋼素地、無電解ニッケルめっき15μm以上、工業用クロムめっき20μm以上

5) Ep-Al/Cu10,Ni106,Cr0/r/:D
  電気めっき、アルミニウム合金素地、銅めっき10μm以上、光沢ニッケルめっき10μm以上、普通クロムめ
 っき0.1μm以上、通常の屋内で使用。

……………………………………………………………………………………………………………………


 めっきのタイプとその記号
めっきのタイプ
記号
めっきの種類
 光沢めっき
b
 銅めっき、ニッケルめっき、クロムめっき、金メッキ、 銀 めっき、合金めっきなど
 半光沢めっき
 ビロード状のめっき
 非平滑めっき
 無光沢めっき
 複合めっき
cp
 黒色めっき
bk
 二層めっき
ニッケルめっきなど
 三層めっき
 普通めっき
クロムめっき
 マイクロポーラスめっき
mp
注(1)
 マイクロクラックめっき
mc
注(2)
 クラックフリーめっき
cf
注(1) 微細な穴が均一に分布されるように施すクロムめっき法、又はその金属皮膜、耐食性向上の
目的に利用される。
通常光沢ニッケル上に、微粒子を含有したニッケルストライクを行い、続いて通常のクロムめっきを
0.5μmめっきする方法と微粒子を含有したクロムめっき液を使用する方法がある。


注(2) 微細な割れが均一に分布されるように施すクロムめっき法、又はその金属皮膜、耐食性向上
の目的に利用される
通常の光沢ニッケルめっきの上に、二層クロムめっきを行う方法、特殊な液を用いて単相のクロム
めっきを行う方法、特殊な高応力のニッケルストライクと通常の光沢クロムめっきを行う方法があります。

……………………………………………………………………………………………………………………


 後処理を表す記号
後処理
記号
 水素除去のベーキング
HB
 拡散熱処理
DH
 光沢クロメート処理
CM1
 有色クロメート処理
CM2
 塗装
PA
 着色
CL
 変色防止処理
AT

中小企業基盤整備機構情報技術部発行の電気めっき加工全般に係る技術テキストより抜粋。
* 参考サイト電気めっき. winkipedia





               戻る   ホーム   次へ

copyright(C)2003-2019Inc yokoyama plating all right reserved